マッサージパーラー入門

1.マッサージパーラー店(以下MP)の選び方           MP価格一覧表へ

 当サイトMP一覧表にはおよそ40店が記載されています。しかし、実際は郊外の店や
置屋のような店も含めれば、もっと店が増えます。参考までに、タイ語でMPの事をアップ・オップ・ヌアットといいます。

 開店時間は早い店で12:00から
   女の子が全てこの時間から出勤しているとは限りません。
   開店直後に行っても女の子は少ない。夕方以降に出勤してくる子が多いです。
 閉店時間は0:00の店がほとんど

 このサイトの地図をみて気がついたと思いますが、MPの場所は
・ラチャダーピセーク通りのフアイクワーン駅周辺
・ニューペッブリー通りとラマ9世通りに点在

 この2ケ所に集まっています。初心者にお勧めするなら、ラチャダーピセークのMPがいいでしょう。
理由として。
a..タクシーを使わず、地下鉄で行ける。
  タイのタクシードライバーは悪質な運転手が多い。
  タクシー運転手に「MP ○×△まで」というと自分に紹介料が入るMPにつれて行こうとします。
  ホテル前、観光スポットで待機しているタクシーは100%、自分のMPに連れて行こうとします。
  例えば「MP ○×△まで」と言ったとしても、「自分はもっといい所を知っている。」、
 「その店は閉まっているから自分のMPに行こう」と必死にセールスしてきます。
  ひどい運転手になると、こっちが土地勘がないと思って、すっとぼけて自分のMPに降ろします。
  これが通りを流している運転手でさえも結構いるのです。
  どうしても、タクシーで行かざるを得ない場合は流しのタクシーを拾って、MP近くのホテルやショッピングセンター等の
  ランドマークを告げてそこから歩いきましょう。

b.店が密集しているので歩いて隣の店を覗いて比べることが出来ます。
  1店だけで女の子が何十人といればいいが、実際は時間帯、店により20人以下、10人以下の店が結構ある。
  その中で一人を選ばなければならないのは選択肢が少なすぎます。
  どうせなら周辺の店をぐるりと回ってから自分に合いそうな女の子を選びましょう。
  もちろん、自分のハートに響いてくる女の子がいたら、すぐに指名しましょう。
  これがペッブリーだと隣の店でも歩くのは結構時間がかかります。貴重な時間がもったいないのでタクシーを使わざるを得ない。
  しかも、ペッブリーはランドマークが少ないので「MP ○×△まで」と言わざるを得ない。
  そこで悪質な運転手に当たればa.の押し問答が始まるのです。
 
c.観光客が集まるのでMP嬢のほとんどは英語を話せる。片言の日本語が話せる子も少しいる。
  ペーッブリーや郊外にはタイ人のお客が中心とした店が多く、MP嬢もタイ語のみという子が多いのです。
  その分、料金も安く設定されています。
  コンチア(お客にアドバイスや助言をして指名を取次ぐ人)さえも英語がしゃべれない店がありました。

d.ボッタクリ店が無く優良店が多い。
  私の経験ではボッタクリ料金を提示された事はありません。

  以上の理由でラチャダー地区のMPをお勧めします。
  ペッブリー地区はもう少しバンコクの土地勘と経験を養ってからの方がいいでしょう。

 

2.お店に入ったら

       


a.ドアを入ったらまず、女の子が座っている金魚鉢をさがします。店によっては2Fに上がる店。
 ドアからかなり奥にある店。カラオケ、カフェが併設されていてどこがそうなのか等、わかりづらい店もあります。
 キョロキョロしていれば店側の方で案内してくれます。

b.金魚鉢の前に立っていれば、コンチアが寄ってきます。
  コンチアは何番の子が「サービスがいい」、 「性格がいい。やさしい」等いろいろ言ってきます。
  しかし、コンチアの言葉を鵜呑みにしてはいけません。大きい店だとコンチアが数人います。
 それぞれのコンチアが女の子の担当が決まっています。
 コンチアは自分が担当する女の子しか売り込んできません。もちろん、コンチアが推薦する子を断って、
 他の子を指名してもなんの問題もありません。
  この時に料金とプレイ時間を確認しておきましょう。あらかじめ調べておいた料金と差異が無いかチェックしましょう。
 100B、200Bぐらいはネットの情報が古くなっていて値上げの為に高くなっていることがあるかもしれません。
 それ以上の差異があるとボラレている可能性大です。
 ラチャダー地区は多分、大丈夫でしょう。 

c. 女の子を選ぶ容姿の基準は人それぞれですが、性格のいい子、ノリがいい子を選びたいものです。
 ひどい女の子は、ずっとテレビをみている。笑顔・愛想が無い。サービスの方もキスがダメとかマグロ女、
 やっている最中もテレビを見ている。こっちはほったらかして携帯電話でずっとしゃべっている等、とんでもない女の子もいました。
 失敗しないためにも容姿だけで選ぶのはやめましょう。まずあなたが店の中に入った瞬間から女の子達はあなたを見ています。
 あなたが女の子を見るのではなく、見られているのです。あなたに指名されたいと思った女の子は何らかの意思表示をしてきます。
 あなたに微笑みかけてきたり。手を振ってきたり。ジーとあなたを見つめる等のアクションをしています。
 このいう子を選べば失敗の確率は低くなります。
 逆にあなたに指名されたくないと思っている子は俯いていたり、トイレに立つ、髪の毛で番号札を隠す、目をあわそうとしない、
 あなたに興味なさそうにテレビをみたり、隣の子とおしゃべりしている等の行動をしています。
 こういう子を選ぶと白けた時間を過ごす確率が高くなります。

 以上の女の子選びは絶対とは言い切れませんが参考にして下さい。
 
  気になる子がいたら、指名する前にコンチアに日本語は話せるか?
 英語は話せるか?性格はいいか?サービスはどうか?確認しましょう。
 「よし!この子に決めた」という子がいなければ他の店も見てみましょう。
 コンチアに「サンキュウ」、「ちょっと隣を見てくる」と一言ぐらいは残して店を出ましょう。
 再び店に戻ってきたら暖かく迎えてくれるでしょう。

 

3.気に入った女の子が決まったら。


a.コンチアに女の子の番号を伝える。
 コンチアがマイクで女の子を呼び出す。
 女の子がドアから出てきます。明るく挨拶をしよう。

b.支払いカウンターへ行き料金を払う。
 その時に財布の中に100B札が5枚以上あるか確認しておきましょう。
 なければこの時に両替をしておきましょう。後でチップ用とドリンク購入に使います。

 支払いが終わったら女の子と一緒にエレベータで上の部屋へ行きます。

c.部屋に入ったら、ソファーに腰掛けよう。
 テレビをつける場合は聞き流せるような歌謡番組を選びましょう。
 ドラマだと女の子は夢中になってしまうかも?

 服はまだ脱いではいけません。部屋に入ってすぐに、ウエイトレスが飲み物の注文を取りに来ます。
 店によって若干違うがビールが大瓶で120B前後、コーラが100B前後です。
 当然女の子の分も取ってあげましょう。
 この間に女の子は湯船にお湯を溜め始めます。
 しばらくしてウエイトレスが飲み物を運んできます。
 ウエイトレスにチップをあげましょう。20Bあげるか「おつりは取っておいて」でいいでしょう。
 時間はたっぷりあります。とりあえず乾杯をして世間話をしてコミュニーケーションを取りましょう。
 しばらく話しているうちに浴槽にお湯が溜まってきます。
 女の子が服を脱ぐように言ってきます。女の子に上着をかけてもらい。いよいよお風呂に入ります。
 後は女の子の指示に従いましょう。
 風呂からあがってベッドへ移ります。
 あとはあなたにお任せ。
 事が終わって気が利いた子は時間が残っていればタイマッサージをしてくれます。

d.時間が来ました。
 服を着て部屋を出る前に女の子にチップをあげましょう。
 本当は気持ちの問題だからいくらという決まりがありません。
 が、200Bか300Bぐらいが妥当でしょう。
 サービス・態度が悪い子は100Bで十分です。
 本当に大満足して最高の気分が味わえた。かつ、またこの子を指名したいという場合は
 500Bかそれ以上をあげてもいいでしょう。次からサービスがさらに良くなります。

 

4.なじみの子を作る。

 人によって風俗に対するスタイルが違うと思います。
 気に入った子が見つかればその店でその子だけを指名する。
 一人の子は一回だけ。とにかく、いろいろな店に行って、各店の女の子を片っ端から制覇したい。
 と、両極端ですが・・・。
 下記はなじみの子を作る方法です。

 気に入った子が見つかれば「また、明日も来ていいか?」と聞きましょう。
 たいていの子は喜んでくれます。
 次、行くときは何かお土産を持ってきましょう。
 街の屋台で売っている安物のアクセサリーでも何でもいいです。
 サービスもぐっと良くなってきます。
 2、3回と通えば、すっかり打ち解けて恋人同士のような雰囲気になります。
 思い切って。「仕事が終わったら、ご飯か、ディスコに行こう」と誘ってみましょう。
 うまく、OKしてくれても、その後、自分のホテルに誘ってムッフフッーと考えてはいけません。
 なぜなら、彼女らは仕事で疲れているので、SEXはもうたくさんと考えています。
 ホテルに誘うのはもう少しデート回数を重ねてからのほうがいいでしょう。
 食事やディスコで彼女の仕事のストレスを発散させてあげましょう。
 これだけでもお互い楽しく時間を過ごせます。
 この時に「タイ語が話せれば、もっといろいろなことが話せるのになぁ」  という思いがします。
  次の訪タイまでにもっとタイ語を話せるように勉強しよう。と、やる気が沸いてきます。
 そうして、ますますタイに、バンコクに嵌っていきます。
 それでは皆様のご健闘をお祈りします。楽しいタイ旅行の思い出を作って下さい。
 そして体験記、レポートを書き込んでいただければ幸いです。
 
 

MP価格一覧表へ  

  あなたのマッサージパーラー体験の投稿をお待ちしています。
こちらのメールフォームから投稿できます。

50ポイントでTシャツ プレゼント

ポイント獲得状況・詳細はこちら