ビアバー

バービアとも言う。どちらが正式名称なのかわからないが、当サイトではビアバーで統一します。
ビアバーとは、屋外との仕切りがない店でビールやアルコールを楽しむ店である。そのためオープンバーとも言います。
ビアバーは屋外との仕切りが無いので開放的な気分でビールを楽しめる。
バンコクよりもパタヤやプーケットなどの ビーチリゾートの方が店の数はたくさんあります。

遊び方
ビールを飲みながら店に所属している女の子と話をしたり、ゲームをして過ごす。
ただ飲むだけでなく。もちろん女の子は連れ出し出来る。
ただ、客層としてアメリカ白人が多い。日本人にはあまり好まれない風俗のか、日本人の姿を見ることは少ない。
客層がアメリカ白人が多いので、英語は通じる。日本語を話せる子ほとんどいない。
中には、田舎から来たばかりでタイ語のみという初々しい子もいた。
女の子のタイプも外人に好まれるような顔立ちが多い。

料金は
ビール代100B前後、
店に払うペーバー代400B〜
女の子のチップ、ショート1000B〜


バンコクのビアバーの有名な場所は
・スクンビットsoi22 「クイーンズパークプラザ」  体験談・クチコミ情報
 30店以上のビアバーが集まっている。

また、この通りにはたくさんのビアバーが点在している。
 
・スクンビっトsoi1のバービア群 
 スクンビットsoi1に出来たビアバーエリア。
ビルの1F,2Fにたくさんのバーが入居しています。
  女の子のレベルは????。
  お客も少なく閑散としています。
 
 屋上はビアガーデンになっており朝まで営業しています。

 
・ナナプラザの中庭、2階   体験談・クチコミ情報
ゴーゴーバーを見るのが疲れたら、 ここで一息入れましょう。

たまに、かわいい子もいます。
 
 ・ナナプラザ周辺soi4
 ビアバー
 ・スクンビット7
 ビアガーデンレストラン
体験談・クチコミ情報
 ・ソクンビット3
 バンブービアバー
soi4の通り沿いはビアバーが
たくさんあります。
ここはペイバー代が不要。
テーメと一緒、援助交際スポット
アラブ人、白人が多いです。
 
他にもスクンビット7、8等に点在しています。

バンコクのビアバーについて

今はもう無くなって更地になってしまったが、地下鉄スクンビット駅前から
ソイカーボーイの一帯「アソークコーナー」、スクンビットsoi10「スクンビットスクエア」というビアバー群があった。
ここが無くなってしまったのは残念である。
 
アソークコーナー  
 現在はインターチェンジタワー、Sスクンビットスイーツが建っているが、これらが建つ前は全てビアバーが入っていた。いったい何店入っていただろうか。100軒は入居していただろうか?とにかく賑やかだった。
地下鉄の開通に合わせて取り潰された。
 一等地にある駅前の再開発か?あるいは 駅前に邪悪なエリアがあるというのはまずいと言うことか?
 そのうち、ソイカーボーイもこのような運命になってしまうのか心配である。
   
スクンビットスクエア  
 一方、スクンビットスクエアはMPを建てる予定で取り壊された。
しかし、 バンコクの中心地にMPの建築など許可が下りるはずもなく空き地のままになっていたが、2005年の10月に公園に生まれ変わりました。
 
 ここの敷地には何十店ものビアバーが入居していた。

 巨大なビアバーエリアが封鎖されて、バンコクの風俗でビアバーは廃れていく感じである。
しかも、われわれ日本人にとってはMP、ゴーゴーバー、コーヒーショップ、クラブの方が正直言って遊び易い。
ビアバーはバンコクよりもパタヤやプーケットなどのビーチリゾート地に行った時に楽しんだほうが良いかもしれない。

 

ビアバーのレポートを募集しています

ビアバーくちコミページに「くちコミ」情報として掲載します。
こちらのメールフォームから投稿できます。

お礼として、ポイントを貯めていただくと
50ポイントでTシャツ プレゼント ポイント獲得状況・詳細はこちら